2014年03月03日

喉のその後。

あれからまた病院へBenの喉を診てもらいに行ってきました。

レントゲンを撮ってもらったのですが、レントゲンで分かる範囲では
特に悪い感じではなく・・・気管支を圧迫しているようなものもなく。
考えられるのは、やはり吠えすぎて炎症を起こしているか、または
短頭種によくある軟口蓋。

DCIM1295.jpg

ただ、特に呼吸が苦しそうにしていることもなく、、、炎症の
方が可能性としては高い。でも最初に1週間もらった弱い炎症止め
では効果が殆ど見られなかったので、3日間だけ強めの炎症止めを
胃薬と整腸剤と一緒に飲んでみることになりました。

強い炎症止めなので1週間ぐらいから、わんちゃんによっては
嘔吐と下痢になる場合があるとのことだったので、3日間なら
効果は半減ですが、副作用が少ないとのことで、そうしてみる
ことにしました。

DCIM1294.jpg

昨晩で丁度3日分飲み終わりました。整腸剤と胃薬のお陰か
嘔吐も下痢になることもなく、飲み終わってホッとした飼い主です。

ずっと吠えることなく過ごしていましたが、先ほどちょこっと
お友達とあって、吠えたのですが、声のかすれはほぼなくなって
いました。でも、少し吠え続けると一吠え、かすれました。

DCIM1293.jpg

吠えるとまたぶり返すので、極力、といっても本当に難しい
ですが、吠えないように気をつけたいと思います!


ニックネーム MB at 16:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字

この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/3599563
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック